クリーンルーム設計


弊社では、お客様の必要に応じたレベルのクリーンルーム設計をさせていただいております。


以下に、弊社より納入させて頂いた設備の事例を紹介いたします。

納入事例


食品・化粧品原料製造メーカー様

弊社にて設計しましたクリーンルーム(食品・化粧品の原料を製造する部屋)の一室です。

clean1.jpg(79957 byte) clean2.jpg(81345 byte)

クラス10000(1cf(キュービックフィート)あたり、0.5μm以上の粒径のパーティクル数が10,000以下)で設計しており、 実測値ではそれ以上のクリーン度を実現しております。


clean1.jpg(79957 byte)

写真の真ん中にある機器が、中央にHEPAフィルタを組み込んだ空調機です。
両脇に見える開口は、HEPAフィルタを組み込んだユニットの吸気(写真左下)と排気(写真右上)になり、絶えず空気を循環させることで、 塵埃が発生した場合でもクリーン度を維持することが可能です。



この部屋への外気取り込みは、一度前処理(別の空気処理室で温度を調整)した物を、HEPAフィルタを組み込んだエアコンに直接取り込み、 HEPAで塵埃を取り除いた後、室内へ給気されております。
同時に、この取り込む空気により、室内は大気圧よりも約20Pa高くなっており、外部からの塵埃の進入を防いでいます。




弊社設計 クリーンルーム用エアーハンドリングユニット

弊社にて設計しました内部の洗浄が可能なエアーハンドリングユニットです。

エアハン

上記のメーカー様に納入させていただいている機器ですが、このメーカー様では、作業終了後には全ての機器及び部屋を、 時間をかけて水洗いされるため、市販のエアハンドリングユニットでは問題が出てくる可能性が非常に高くなります。
そのため、水洗いを考慮したエアハンドリングユニットを、弊社にて設計・作成いたしました。
最も大きな特徴としては、シロッコファンを組み込んだ送風機内部まで洗浄可能な構造とした点です。


シロッコファン拡大

上記写真の通り、シロッコファンの入るケース前面に洗浄用の開口扉を付け、ケース下部には水抜き口を付けております。


エアハン下部

機器は上下に4カ所に分かれており、空気は下から2段目の部分に設置されたシロッコファンにて下から上へと循環します。
一番下が室内空気の吸い込み口となり、アルミフィンコイル内を流れる温水or冷水により空気温度を調節され、シロッコファンによって上に送られます。


エアハン上部

3段目の部分には中性能フィルタを取付け、大きな塵埃を除去します。
最後の4段目にはHEPAフィルタの付いたファンフィルタユニットを組込み、更に細かな塵埃を除去した後に、室内へ空気を吹き出します。

この写真は、メンテナンス時に撮影したため前面パネルを外しておりますが、上下の吸い込み・吹き出し口の前にはプレフィルタが付き、 中段にはヘアラインの前面パネルが付いた状態で使用しています。





ホーム  会社概要  産業空調   クリーンルーム  自動制御  機械修理  営繕  地図  問い合わせ